法則2|爽やかで清潔感のある写真を用意して

視覚情報は大きなカギ!

法則2|爽やかで清潔感のある写真を用意して

よく「人間の脳に入ってくる情報の7割〜8割ほどは視覚から」と言われることがあります。この表現通り、私たちはモノや人や場所について、どんな色かどんな形か、美しいかどうかなどの情報を視覚を通して入手します。嗅覚や触覚や聴覚ももちろん大事ですが、私たちの感情は視覚によるところが少なくありません。

 

このことを考えると、恋愛や結婚を考えるうえで容姿が非常に大きなポイントと言えます。もっとも重要なポイントではないですが、与える印象という意味ではかなりのウェイトを占めます。「一目ぼれ」という言葉にもよく表されているように、人が異性に興味を持つようになるきっかけとして、容姿はかなり意識されるポイントです。残念ながら容姿に自信がない人にとって、恋愛はどこか別の世界の話にように思えるかもしれません。実際以下のような悩み相談をしている人は少なくありません。

 

自分は背が低くデブでブサイクです。大学の共同実験で同じ班の美人な女子がいるんですが、話す機会が増えてご飯に誘ったんですが、断られラインもブロックされました。

(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14138587754)

 

自分の容姿に自信がなく、婚活サイトに写真を載せるのが不安です。やはり容姿で判断されることが多いのでしょうか。

(https://www.bridalnet.co.jp/marriage_advices/18/)

 

このような切実な悩みに共感できる人は少なくないでしょう。結論から言うと一番大事なのはお互いの価値観や人柄などです。しかし、婚活サイトを使う場合、直接相手の声や雰囲気を感じ取れるわけではありません。最初の入り口はやはり写真とプロフィールの文章です。

 

検索の仕方によっては、まずは写真を見てどの候補でクリックするか判断している場合もあるでしょう。「かわいいけど価値観が合うかな?」というより、「価値観は合わないかもしれないけどかわいいな」と思っているユーザーの方も正直多いはずです。

ですから、まず少しでも興味を持ってもらうために、婚活サイトのプロフィール写真をできるだけ洗練されたものにするのは良いことと言えます。

 

こんな写真を用意しよう!爽やかな写真

洗練といっても、キメ顔の写真やいかにも化粧がのった顔の写真、ナルシストな写真などはNGです。自分のお気に入りの1枚かもしれませんが、実は周りから引かれる1枚かもしれないからです。基本的に写真で大事なのは「盛り感」ではなく「自然さ」です。モデルのように特定のポーズや顔つきを意識して撮った写真は確かに魅力的に見えます。

 

しかし、「キメればキメるほど」、「写真と実際は相当違うんじゃないか?」とか「これだけキメてるという事は、それだけ素顔に自信がないからかも」と疑われる可能性があります。また相手が「この人と一緒だと気が抜けなくて疲れるかも」と感じてチャンスを逃してしまう恐れもあります。ですから変に飾っていない自然な笑顔の瞬間をおさめて1枚を用意しましょう。

 

こんな写真を用意しよう!清潔感のある写真

法則2|爽やかで清潔感のある写真を用意して

実際に会った時ほどではないですが、写真である程度清潔感を演出することも大事です。IBJで婚活している20〜40代の未婚女性を対象に「男性の清潔感に関する調査」を行ったところ、「あなたの好みのタイプを教えてください」という質問に対して、「清潔感がある人」と回答した人は一番多い結果になりました。「頼りがいがある人」や「話が面白い人」、程よい筋肉の中肉中背の人」「ハンサムな人」「いい香りがする人」という結果が後に続きます。

 

清潔感は容姿や話力よりも評価されています。清潔感のある写真を撮る一つのポイントは全身が移ることです。可能ならよく晴れた空を背景にした全身写真を撮ると良いでしょう。ごちゃごちゃした背景だと人物に目がいきにくいですし、まとまりがありません。晴れた日に撮ると自然光が体全体を輝かせてくれます。服装はダボダボのものではなくスタイルが見えやすいものが良いです。柄や文字があるものよりもシンプルなデザインの方がすっきりしていて見栄えがするでしょう。髪形ですが、顔に髪の毛がかかっていると清潔感がないので、できるだけよく見えるものを選びましょう。

 

写真を撮られるくせをつける

普段写真嫌いな人がいきなり良い1枚を撮ることはできません。どうしても顔が強張ったり緊張したりするからです。そのため普段から写真をよく撮られる習慣をつけると良いでしょう。数をこなせば自然な表情になります。可能なら信頼できる友人たちに、インスタなどのSNSを使って撮った写真を見てもらいましょう。写真を見られる事に慣れれば、だんだんと気が張らなくなってきます

ページの先頭へ戻る